DROP DESIGN

BLOG | ブログ

MacBookProRetina

結局のところ、El CapitanでAdobeCS6は動作するのか。

ついにmacOS Sierraもパブリックベータ版が配布され始めましたね。

AdobeCS6ユーザーの中には、今のうちに新しいEl Capitan入りMacを買ってもう少しCS6を使いたいと考えている方も多いと思います。

 

そんな私と同じ考えの方に一言。

「El Capitanでも普通に動きますよ」

 

私のMacBook環境は

mac-spec

MacBookProRetina 15インチのMid2015になります。

 

Flashはインストール時に省いたので動作確認はしていないので不明ですが

 

Photoshop CS6 

Illustrator CS6

DreamWeaver CS6

Fireworks CS6

In Design CS6

Bridge CS6

 

の6つはすべて動作しています。

 

ただ、MavericksやYosemiteの頃に比べて外部の圧力(エクステンション・スクリプト・フォントなど)に弱いところがあるのは間違いありません。

私はPhotoshopとDreamWeaverをメイン、その他は必要があるときに使用するぐらいなもので今回はよく使うこの2つの気になる点を下記にまとめてみました。

 

 


Photoshop CS6の気になる点

 

・スペースキーを押してカンバスを移動した後、スペースキーを離しても手のマークが出て戻らない

【解決策】もう一度スペースキーを叩けば直る

・まれに、保存しようとすると”保存できませんエラー”が出る

【解決策】自動保存設定を「5分」に設定

・何かのエクステンションかスクリプトを入れてから左のパネル(下図)を開くのに1秒かかる

【解決策】これを期にショートカットキーを覚えて効率UP

 

panel

 

 


DreamWeaver CS6の気になる点

 

・全体的に操作がワンテンポ遅れてついてくる(コード入力も)

【解決策】どうにもならない

・アイコンをクリックしても1バウンドするだけでなかなか起動しない

【解決策】Finder>アプリケーションからdreamweaver.appをダブルクリック

dreamweaverアイコン

 

 


Illustrator CS6/Fireworks CS6/In Design CS6

この3つも特に問題なく起動も操作もできます。

 

ただ、レビューには「特定のフォントが邪魔しているために起動しない」という声もよく見かけるので

手持ちのフォントをたくさん使用する方は「フォントを追加→動作するか確認」という作業をコツコツとやることをオススメします。

私の場合、数える程度の厳選されたフォントしか入れていないので特に何もしなくても大丈夫でした。

 

また、今回の動作確認は”デフォルトでEl Capitanを搭載しているMacBook”でのCS6の動作となります。

MavericksやYosemiteを使用しているMacのOSのみをEl Capitanにアップデートするとより多くのバグが出る可能性があるので、その辺りは自己判断・自己責任でお願い致します。

 

私もこのEl CapitanのMBPRを購入する際、「これでCS6が動かなかったらCCでもいいか」という半ば諦めと猛烈な祈りが交錯する中で購入ボタンを押しました f^_^

結果的にはYosemiteでのCS6とほぼ同じ感覚で作業できているので問題なし!です。

※個人の感想のため人により多少の差はあるかと思います

 

ではでは、今日はこの辺で。