DROP DESIGN

BLOG | ブログ

エクステンション「prisma」

PhotoshopCS6のエクステンション「Prisma」を完全削除する方法

ExtensionManagerから削除したはずの「Prisma」が、Photoshopの「ウィンドウ>エクステンション」に残ったまま削除されない…という場合の完全削除方法をご紹介します。
 

PhotoshopCS6でカラー変更を簡単にできる便利エクステンション「Prisma」がEl Capitanでは挙動がおかしい…orz

 

クステンションを開くとPhotoshopが落ちる

ョートカットキーが効かなくなることが多い

 

とても便利なエクステンションなのですが、ショートカットキーが効かなくなる方がイライラしてしまうため
ExtensionManagerから削除を試みることに。

prisma1

 

ポップアップは「はい」を選択して

prisma2

 

これも「はい」
prisma3

 

無事にExtensionManager内からprismaが消えたので削除できた様子。

prisma4

 

では早速Photoshopを立ち上げて「ウィンドウ>エクステンション」を見てみると、なぜか「prisma」が消えていない上にprismaの起動もできて今まで通り使うことができる…

prisma14
このような状態の方は下記の手順に沿って削除してしまいましょう。

 


Prismaの完全削除方法

 

1.まずはじめに、もう一度prismaをインストールします。

zxpファイルを削除してしまった方はprisma公式サイトから再度ダウンロードしてください。

prisma15

 

すると、「〜インストールされているバージョン1.1.1と競合しています。」というポップアップが…

ん…?ExttensionManagerから削除したはずなのに競合しているとはこれいかに。ここはひとまず

2.「すべてはい」を選択して次へ進む。

prisma5

 

インストールをひとまず完了させてしまいます。

prisma1

 

3.インストールしている他のソフト(illustratorやDreamweaverなど)を選択してエクステんションを確認。

※私の場合はillustratorCS6のエクステンションとしてPrismaが登録されていました。

prisma6

 

4.この”他のソフトに入っている方のPrismaを削除”する。ポップアップはすべて「はい」でOK。

prisma8

 

「はい」を選択して

prisma9

 

少し待つと

prisma10

 

illustratorの中にあったPrismaが無事に削除されました。

prisma11

 

そしてPhotoshopの方も見てみると、こちらも無事にPrismaが消えています。

prisma4
5.念のためにPhotoshopを立ち上げて「ウィンドウ>エクステンション」からPrismaが消えているかを確認してみましょう。
無事にPrismaが消えていたら削除完了です。

prisma16

 

 

El Capitanとの相性が悪いからなのか、Prismaの仕様なのかはわかりませんが

同じ症状に見舞われている方は是非一度試してみてください。