DROP DESIGN

BLOG | ブログ

Photoshopで拡大した時に現れるピクセル間の白線を消す方法

Photoshopで画像などを拡大していくと501%からピクセル間に白線が表示され、これが作業の邪魔をしていることもしばしば。
 
このような細かい設定方法が書かれている参考書などもほとんどないため、デフォルトのままで諦めている方も多いと思います。
ピクセル501%拡大

 
ただ、この白線はたったの「クリック2回」で消すことができます。
ではさっそく白線を消す方法を書いていきましょう。

 

まず、上部メニューから「表示」をクリック(1回目)し、「表示・非表示」の中の「ピクセセルグリッド」をクリックしてチェックを外す(2回目)。

メニュークリック順序
 
以上、説明終了です(完)
 

無事に白線が消えているかを確認してみましょう。
Photoshop内の画像を再び501%以上の表示で見てみると

ピクセル間の白線なし

 

きれいに白線が消えて表示されるようになりました。
これでPhotoshop作業のストレスが少しでもなくなることを祈っています。