DROP DESIGN

BLOG | ブログ

【サクサク】Photoshop CC 2017の動作が重い時の解決法

当初はPhotoshop CC 2017が動作が重くてカクカクしたり一瞬固まったりと試行錯誤してきましたが、ようやくサクサクと使えるように設定ができてきました。そこで今回はPhotoshopでの作業中において、見直した方が良い設定項目を2つ記していきたいと思います。

 
 
①定規は使うときだけ表示する

作業中はガイドを引くために出しっぱなしにしている確率が高いこの「定規」
 

photoshopの定規

 

出しっぱなしで作業をしていると動作がカクカクするため、使うときだけ出すようにした方が◎

私の作業環境はメモリ32GBですが、それでもカクカクブルブルします(震)

 
 

●「メニューバー」>「表示」>「定規」のチェクを外します。
 

定規のチェックを外す

 

ガイドを引きたくなった時は、ショートカットキーの「Cmd+R」で表示して使い終わったらもう一度「Cmd+R」で非表示にすることをオススメします。

 
 
 

②スマートガイドも使うときだけ表示する

オブジェクト同士の距離も表示されるこのスマートガイド。

スマートオブジェクト

とても便利だとは思いますが、計測が必要ない時に表示させていると作業動作の速度にこのスマートガイドの表示がついてこれなくなります。そしてまたカクカクシカジカとなってくるので、これも使うときだけ表示させるようにすることをオススメします。

 

●「メニューバー」>「表示」>「表示・非表示」>「スマートガイド」のチェックを外します。
 

スマートガイドを切る

 

私の場合は、ショートカットキーに「Cmd+U」を設定していますが、お好きなショートカットキーを設定しておくと作業中もストレスフリーになるのでぜひこの機会に設定しておくとよろしいかと思われます。

 

では今日はこの辺で。