DROP DESIGN

BLOG | ブログ

環境設定パネル

PhotoshopCC [20.0.5]はPSUserConfig.txtを作成せずに設定可能

Photoshop CC 2019では今まで、こちらの記事「【解決】Photoshop CC 2019の自由変形の設定を戻す方法」でお伝えしていた通り、「PSUserConfig.txt」というファイルを作成して指定のフォルダに保存したりと手間がかかっていました。

 

が!

 

今回、私は2019.06.18にこのPhotoshopをバージョン20.0.5にアップデートしたところ、この自由変形の設定は環境設定から簡単に変更が可能になっていました。

 

では早速、Photoshop cc 2019 [20.0.5]の環境設定パネルを開いてみます。

すると「一般」タブの中に新しく「従来方式の自由変形を使用」という項目があるのでこれのチェックを入れて保存しましょう。

環境設定パネル

 

また、以前にこちらの記事「【解決】Photoshop CC 2019の自由変形の設定を戻す方法」で「PSUserConfig.txt」を作成して自由変形を元に戻す処理をしていた方は、このテキストファイルを削除してください。

 

これで無事に自由変形の動きが従来のものに戻っていると思うので確認してみてください。

ではごきげんよう。