DROP DESIGN

BLOG | ブログ

変形ツール

【解決】Photoshop CC 2019の自由変形の設定を戻す方法

*************************************************************************************************************************

▼追記▼

2019.06.19現在、PhotoshopCC2019のバージョン[20.0.5]へのアップデートにより、下記の手順を行うことなく環境設定パネルから自由変形の挙動を従来設定に戻すことが可能となっています。詳しくはこちらの記事「PhotoshopCC [20.0.5]はPSUserConfig.txtを作成せずに設定可能」をご参照ください

*************************************************************************************************************************

 

 

Adobe Photoshop CC 2019にアップデートして、いろいろ作業をしてみて一番引っかかるのがこの自由変形の縦横比率固定のやり方が変わってしまったことではないでしょうか。

 

画像・シェイプ・スマートオブジェクトなど、すべてのオブジェクトで「shiftキー」の使い方が一貫していないという問題があるため、以前のPhotoshop仕様に戻すやり方を記しておきます。

 


1:「テキストエディット」に下記の文字列をコピー&ペーストする

※フォーマットは「標準テキスト」に設定してください。リッチテキストになっている場合はメニューバーの「フォーマット」から「標準テキストにする」を洗濯して変換してください

 

TransformProportionalScale 0
テキストファイルに文字列をペースト


2:ファイル名を「PSUserConfig.txt」にして、ひとまずデスクトップに保存する

 

PSUserConfig.txt

 

保存時のファイル名の設定

 


3:保存したファイルを、下記のフォルダ内にドラッグ&ドロップする

 

▼macOS▼
MacintoshHD/Users/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop CC 2019 Settings/

▼Windows▼
C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Adobe Photoshop CC 2019 Settings/

 

macOSの場合だと下記のような場所に挿入されます。

ファイルを格納

 

以上で準備は完了です。

あとはPhotoshopを再起動させて、自由変形ツールが元に戻っているか確認してみてください。

ではごきげんよう。